Skip to content
Reality Labs - Oculus

責任あるイノベーションの原則

Reality Labsでは、人々がいつでもどこでもつながっていると感じることができる、さまざまなツールを開発しています。Metaの製品とエクスペリエンスは、人々がつながり、遊び、働く方法を変える可能性を秘めています。だからこそ、責任のある方法で次世代のコンピューティングプラットフォームを開発することが、ますます重要になっています。

Metaでは、この開発の指針となる、責任あるイノベーション原則を策定しました。これらの原則は、包括性がありプライバシーを中心に据えた製品開発に対するMetaの取り組みを示すものです。これらの原則は、Metaチームが新しいテクノロジーのリスクを予見してこれに対応し、これらのテクノロジーがどのように機能するのか明確に伝える際に役立ちます。

Reality Labsに携わるすべての従業員に、これらの原則を順守する責任があります。また、専門チームが倫理、安全、セキュリティとプライバシーの課題に対応します。Metaの原則や製品に対して寄せられるフィードバックを考慮して、Metaではこれらの原則を継続的に発展させていきます。

Graphic illustration of woman, cat, and smart TV

利用者を驚かせない

Metaは、製品がどのように機能し、どのようにデータを収集するのかについて、透明性を確保しています。弊社は明確で率直なコミュニケーションを心がけているため、利用者は、弊社の考えるメリットとデメリットを理解したうえで、Metaの製品を使用するかどうか、およびどのように使用するかを情報に基づいて判断できます。ほとんどの人にとって拡張現実とバーチャルリアリティはまったく新しい体験となります。そのため、Metaは弊社製品を安全に責任を持って使う方法を説明するようにしています。

Graphic illustration of locking portal

重要なことにコントロールを提供する

拡張現実やバーチャルリアリティの技術では、バーチャルと現実の世界が混ざり合います。それがどのように機能すべきか、利用者の期待する姿はまだ定まっていません。Metaは、利用者が自分のエクスペリエンスを管理できるように、重要な場面でコントロールを提供しています。これには、ビジュアルインジケーターやカメラのシャッターなどの物理的コントロール、年齢制限とVRでの快適性の評価などが含まれ、利用者がバーチャルな世界で個人的な境界を設定できるようにしています。すべてのことにコントロールを提供することはできませんが、Metaの製品を使用するか、どのように使用するかについて、利用者が情報に基づいた選択ができるように、十分な情報を提供するべきだと考えています。

Graphic illustration of people sharing

あらゆる人を考慮する

この世界では、いつかは拡張現実やバーチャルリアリティが当たり前になる可能性があります。そのため、Metaの製品と接点のあるすべての利用者を考慮することが重要です。Metaでは多様なコミュニティを包括する製品を開発し、柔軟なハードウェアを設計しています。カメラが発明され、写真を撮る適切なタイミングについて社会的な規範が築かれたのと同じように、カメラが使用されている場合のインジケーターの追加などにより、弊社の製品を使用していない人も考慮する必要があります。これはMeta一社だけで実現できることではありません。そのため、弊社では利用者調査を実施し、社内外の専門家と協力しています。

Graphic illustration of couple watching Portal

人を最優先に考える

弊社のビジネス、個人、コミュニティにとって何が正しいのか決める場合、弊社はコミュニティの大半の人にとって最善のことを優先します。これは、利用者のデータの管理に責任を持つことから始まります。データを収集する場合、機密性を尊重して対処します。特に、調査目的のために収集されたか、製品改善のために収集されたかに関わらず、個人データに対して安全対策を講じています。